同時多点計測、ターゲットレスなど多様な手法で対応いたします



三次元計測、測量の対象は大型構造物の実績が多いですが、他には自動車やガードレール等も実績があります。
汎用測量機の他、三次元計測、非接触計測機器を取り揃えております。
近年では、新宿御苑のガラスドームに弊社の三次元計測システム(V-STARS)が用いられました。




三次元測量
高精度カメラによる
精密三次元計測
同時多点計測







3次元事例

ドーム建設工事三次元測量
橋梁三次元形状測定
原子炉格納容器三次元寸法測定
クレーンガーダレール変状測定
空洞断面測定
護岸変状測定
自動車フレーム変形量測定
トンネル断面形状測定
トンネルシールドマシーン座標測定
ガードレール変形量測定




3次元業務 解決事例

既設配管の現状形状を測定

ご依頼内容
高所にある大口径配管に配管を増設するため、既設配管の現状形状を測定できないかとの依頼を受けました。 (直径・断面の方向性・大口径(数メートル)のため経年・自重により扁平が予想されるため)


弊社での実施内容とご提案
三次元測定を使用、地上に通り芯基準となる基線を設け既設配管内面端部円周上に反射ターゲット(6~10基)を設置・測定後、計算処理により既設配管の中心座標・方向・真円度を求めました。 計算結果により既設配管に扁平が確認されたため、ジャッキ等を使用しこれを修正。 CADとの比較により地上で新設配管を加工後上架し、高所での作業軽減を計ることが出来ました。



タンク内部の堆積状況変化確認

ご依頼内容
粉塵の発生するタンク内部の堆積状況変化確認を依頼を受けました。(通常粉塵の多い雰囲気では波長の短いレーザー距離計では測定できないため)


弊社での実施内容とご提案
短時間で180度範囲を細かい角度間隔で測定できる波長が長く透過性の高い2次元レーザー変位計を、精密に制御できる電動回転台に搭載、これをタンク上部に設置しレーザー変位計で180度範囲を測定(角度、距離)次に回転台を1~2度回転させ再びレーザー変位計で測定。これらを繰り返しタンク上面から下部堆積物形状を測定、三次元座標化しました。(コンター図作成)




お問合せフォーム

お名前※必須
会社名※必須
お電話番号※必須
メールアドレス※必須
お問い合わせ内容※必須
添付ファイル
× × ×